古墳でちょっといっぷく
ホー ム>古墳のかたち










































































(C)  2009-2015 kohunist All Riths Reserved


古墳のかたち




















































 

 「古墳」といえば前方後円墳が古墳界のスパースターですが、実は他にも様々な形があります。
 また、同じ前方後円墳型でも、年代によって流行のスタイルがあったようで、後円部が大きく前方部が短い短足頭でっかちや、逆に後円部が小さく前方部が細 く長いスタイリッシュな者、くびれがきゅっとしている美人や、寸胴で野暮ったい者、造出しと呼ばれる腕付きの者など、実に様々。

前方後円墳
三世紀から七世紀にかけて多く製造された。
後円部に死者を葬り、前方部は、元々儀式を行う場所が発達して大きくなったと考えられている。
近畿を中心に、南は九州、北は東北まで各地に広がる。
日本独特の墳形とされているが韓国にも見られる。

前方後円墳
■前方後方墳
前方後円墳の後円部を方形にしたもの。
弥生時代終りから古墳時代前半に東日本で多く造られた。
京都から千葉県までの伊勢湾沿岸に多くみられる。
前方後円墳よりも小型で数も少ない。
前方後方墳
■円墳
弥生時代から古墳時代に築造。
古墳時代に日本全国に分布。小・中規模のものが多い。

円墳
■方墳
近畿・関東に大規模な物が多い。
出雲に多くみられる。古墳時代後期に多く採用された。 
千葉県竜角寺岩屋古墳など

方墳
■八角墳
八角形の古墳。
畿内の大王のみに許された墳形とされていたが、近年機内以外の豪族墓でも
見つかる。
奈良県天武・持統天皇陵が有名。


■六角墳
天皇に次ぐ身分(皇太子など)の墳形と考えられている。
全国でマルコ山古墳等、3例しか認められていない。

けんごし

■帆立貝式古墳
円墳に造りだしをつけたもの。
もしくは前方 後円墳のうち、方形の突出部が短いもの。


帆立

■双方中円墳
円丘の両側に方形の突出部を持つ。古墳時代前期に見られる。
奈良県櫛山古墳など極めて例が少ない。


双方中円墳
■双円墳
二基の円墳を連結した形の古墳。             
大阪府金山古墳が有名。     
                   
                
双円墳
■上円下方墳
古墳時代終末期に作られ、全国でも5基しか無い。
明治・大正・昭和天皇の陵墓はこの墳形である。

■四隅突出墓(よんすみとっしゅつぼ)
方形周溝墓の外側斜面に石を貼り、隅を突出させたもの。
山陰を中心に発達。
一つの墓地に群衆して作られている。
鳥取県の妻木晩田遺跡などが有名。