古 墳探訪記〜千葉県〜

朝 日の岡古墳


朝 日の岡古墳


場 所:千葉県山武市松尾町蕪木737−7 【地 図】
墳 形:前方後円墳

製 造時期:6 世紀後半

大 きさ:長さ76m、幅40m、後円径48m、高さ6.2m

石 室:横穴式


前方後円墳

戦後全国で発掘された古墳のうちでは最大級のものでした。

蕪木古墳群の主墳と思われます。
埋葬施設はせん敷き石室(木炭・焼土・粘土で固めた壁でできている)で、全国的に珍しいものとされています。
八幡神社の本殿裏にあり、現在は形が崩れていますが、周囲に二重の周濠を巡らせた前方後円墳だったそうです。

埴輪:男女の完全な人形埴輪、180センチメートル以上もある馬の埴輪、鶏・水鳥・家型など各種の形象埴輪
   埴輪は芝山町立・芝山古墳・はにわ博物館で見ることができます。
   http://www.haniwakan.com/tenji/1-5.html

* 画像をクリックすると画像共有サイトZORGへ飛びます。
  サイズ変更で大きい画像をご覧頂けます。

朝日の岡古墳 神社
八幡神社
朝日ノ岡古墳
八幡神社本殿
この後ろが古墳です
朝日の岡古墳
朝日の岡古墳
朝日の岡古墳

朝日の岡古墳

朝日の岡古墳


【ア クセス】
電車:
JR 「松尾」下車 2.7km
車 :松尾横芝ICをおり62号線を南下。2股にわかれているので右へ