古 墳探訪記〜東京都〜
府中市高倉塚古墳

場  所:東京都府中市分梅町1−11−2【地図】
墳  形:円墳
製造時期:6世紀前半
出土品:土師器杯


円墳

------------以下、現地案内板---------------------------------
府中崖線の斜面上に広がるこの周辺には、確認されている古墳が25基あり、これらは高倉古墳群と呼ばれています。
墳丘が残っているものは4基ありますが、高倉塚古墳は古墳群の中心に位置しており、古来より「高倉塚」と呼ばれ
象徴的な存在でした。
そのため、中世以降には信仰の対象になっており、近年まで厚く保護されてきました。

これまでの発掘調査では、墳丘の構築工法の判明、墳丘下層から六世紀前半とされる土師器杯が出土するなど
学術成果があり、高倉古墳群を研究するうえで貴重 な資料となっています。

なお、付近の古墳群からも土器・直刀・鉄鏃・玉類が出土しており、特に昭和の初め頃に出土した、銀象嵌太刀
および太刀四振りは、平成六年二月に市の重宝に 指定されています。
--------------以上、抜粋ここまで----------------------------

住宅地の中にひっそりと有ります。
隣は公民館になっています。

* 画像をクリックすると画像共有サイトへ飛びます。
   サ イズ変更で大きい画像をご覧頂けます。
府中高倉塚古墳府中高倉塚古墳府中高倉塚古墳府中高倉塚古墳府中高倉塚古墳
posted by (C)kohunist

【アクセス】
電車:京王線・JR南武線分倍河原駅より徒歩6分