古墳探訪記〜千葉県〜

割見塚古墳


割見塚古墳(わりみづかこふん)


場所:千葉県富津市千葉県富津市下飯野1074付近【地図
墳形:方墳
製造時期:7世紀中頃
大きさ:一辺40m、高さ3.5m
石室:横穴式(切り石の切組技法)羨道、全室、後室、棺室の4つの空間からなる
出土品:直刀、金銅製弓ハズ

方墳

    


石室総全長18.75mと県内屈指の石室。
石室構築技法、形態から河内明日香と呼ばれる大阪羽曳野市域の古墳に見られるものであり、
大阪から技術者を招いた可能性もあるが、河内明日香の横穴式石室はいずれも割見塚古墳より小型なのだそう。
木々に囲まれ鬱蒼としています。
外観を見て、木に囲まれているな、といって帰っては行けません。
木々をくぐれば本体を観ることができます。

*画像をクリックすると画像共有サイ トへ飛びます。
 大きい画像をご覧頂けま
す。
割見塚古墳   割見塚古墳   割見塚古墳    割見塚古墳
      外観       この奥に古墳があります        方墳           現地案内板     

【アクセス】
電車:「青堀」駅目の前
車:「君津」または「富津中央」でおりて青堀駅方面へ
     国道157号と158の交差点を右へ
訪問時ブログ> >

【一緒に回れる近くの古墳】
上野塚古墳    内裏塚古墳   三条塚古墳   九条塚古墳    
蕨塚古墳  稲荷山古墳